株式会社テックコンシリエ|技術資産マネジメントで企業の持続的な成長力を生み出す

知財や社内外の事業環境の情報から、技術資産マネジメントの適正化に向けた変革活動をサポートすることで、継続的に稼ぎ続ける力の回復・増強を実現します。

TECH CONSIGLIE

ホーム ≫ イベントのお知らせ ≫

イベントのお知らせ

テックコンシリエ・知的財産教育協会共催WEBセミナー「知財部門に未来志向のイノベーション提案ができるのか?~アフターコロナ、新時代のテックリーダーのあり方を考える~」のご案内

カバー画像(セミナー7_17用)

【セミナーについて】

IPランドスケープというキーワードとともに、「経営・事業に資する知財活動」の重要性が語られるようになってからすでに数年が経過し、一部の企業では、経営・事業戦略を描くためのパートナーとして、知財部門の存在が認知されつつあります。

知財部門の具体的な機能の一つとして注目されているのが、異業種との連携により、未来の価値創造を実現するイノベーション活動における貢献です。ただし、知財部門にはどのような関わり方が求められるのか、知財データを始めとする過去の技術情報の活用で本当に未来志向の提案ができるのか、経営層や企画部門の期待に応えるには、知財部門のリーダーはどのようにチームをマネジすればよいのか。これらの問いの答えを模索している企業は少なくありません。

世界が新型コロナウイルス感染の脅威に直面し、社会がどのような方向へ向かうのかが見通しづらくなっている今こそ、未来の社会課題に思いを馳せ、自社が取り組むべき重要テーマを探索し、イノベーションを提案できるリーダーの存在が欠かせないと言えるでしょう。

本セミナーは、「新時代を切り拓く次世代テックリーダー養成ゼミ『BUILD』」を共同で運営する戦略コンサルティングファーム 株式会社テックコンシリエと一般財団法人知的財産研究教育財団 知的財産教育協会の共催、株式会社ユーザベース「SPEEDA」、ビューロー・ヴァン・ダイク・エレクトロニック・パブリッシング株式会社「Orbis IP」の協賛
により実施いたします。大手精密化学メーカーにおける知財部門の立場からイノベーション活動をリードする若きテックリーダーによる基調講演、BUILD受講生とコーディネータ3名によるパネルディスカッションにより、アフターコロナ、新時代のテックリーダーのあり方について熱く語り合います。
 

【主な対象者】

  •  知財部門に所属し、異業種との連携によるイノベーション活動に貢献できるチーム作りを志向している方
  •  経営企画、事業企画、技術企画等の企画部門に所属し、イノベーション活動を推進する中で、知財部門によるサポートを期待されている方

【開催日時】

2020年7月17日(金)18:00~19:10
 

【参加料】

無料
 

【タイムテーブル】

(17:50 配信開始)
18:00 開会のご挨拶

18:05 基調講演
「イノベーション活動における知的財産部の貢献のあり方」

<講演者>
某精密化学メーカーの知的財産部にてイノベーション活動に携わる統括マネージャー
<プロフィール>
1999年に某精密化学メーカーに入社して以来、知財を取り巻く環境が激しく変化するこの20年の間、 企業知財部の最前線で出願権利化業務から特許侵害訴訟などの知財コア業務、さらには知財内体制の改革から事業部連携によるオープンイノベーションの実現まで、幅広い知財業務を経験してきた。
 

18:25 パネルディスカッション
「BUILDで得た成果をチームのイノベーション提案力に繋げるには」

<モデレータ>
 株式会社テックコンシリエ 鈴木 健二郎
<パネラー>
 株式会社ポーラ・オルビスホールディングス 知財薬事センター 川口 善夫
 デジタル技術経営研究所 神庭 基
 一般財団法人知的財産研究教育財団 知的財産教育協会 近藤 泰祐

19:00 「新時代を切り拓く次世代テックリーダー養成ゼミ『BUILD』」のご案内
19:05 閉会のご挨拶

 

【配信方法】

Youtubeのライブ配信(予定)
 

【応募方法】

2020年7月17日(水)18:00までにこちらよりお申し込みください。
2020年07月06日 10:00

Rebright Partners Pte Ltd、マナスコーポレートパートナーズ、AsiaWise法律事務所、テックコンシリエの4社共催による「アジア・スタートアップ投資の実務~イノベーションを軸としたバリュエーションの考え方」に弊社CEOの鈴木健二郎が登壇します

Zoom Webinar
大好評につき、第2弾を緊急開催!
 

2020年5月8日(金)開催のRebright Partners Pte Ltd、株式会社マナスコーポレートパートナーズ、AsiaWise 法律事務所、株式会社テックコンシリエ4社共催ウェブセミナー「アジア・スタートアップ投資の実務~イノベーションを軸としたバリュエーションの考え方」におきまして、弊社代表取締役CEOの鈴木健二郎、ならびにAsiaWise Group代表兼弊社顧問の久保光太郎氏がスピーカーを務めます。

 本セミナーでは、まず従来型のM&Aにおけるバリュエーションの考え方と、スタートアップ投資におけるバリュエーション、リターン分析のアプローチの違いを整理します。その上で、特にアジア新興国のスタートアップ投資を検討するに際して、イノベーションを軸と考えることの重要さ・具体的な方法論について、各メンバーのそれぞれの視座から解説します。

 特に、弊社鈴木からは、アジア・スタートアップへのオフショア投資にこそ、知財やデータなどの無形資産を駆動させたアライアンス戦略が欠かせず、日本企業の経験に裏打ちされた豊かな技術力とスタートアップとの計り知れないビジネスシナジーをどう設計し、バリュエーションに活かすか、という視点で論旨展開する予定です。
 

【詳細】

・テーマ:「アジア・スタートアップ投資の実務~イノベーションを軸としたバリュエーションの考え方」
・開催日:2020年5月8日(金)
・時間:14:30 - 16:00(日本時間)(13:30 – 15:00(シンガポール時間))
・参加費:無料
・場所:zoom webinar
・申込:下記告知サイトよりお申し込みください
 https://eventregist.com/e/VSasVZLw4XRV
・視聴方法:お申込みいただいた後、ご指定のメールアドレス宛にご案内いたします。
・申込期限:2020年5月7日(木)12:00(日本時間)

※申込期限以降に申込を希望される方は、事務担当(seminar@asiawise.legal)までご連絡ください


【概要】

(1) 登壇者自己紹介、本件に関する問題意識について
(2) ディスカッション
① 従来型のM&Aにおけるバリュエーション分析の考え方と、スタートアップ投資におけるバリュエーション・リターン分析のアプローチの違いについて
②「スタートアップ投資において当該投資によって自社が得るもの」の類型と、自社の無形資産と先方の無形資産の相互活用の可能性追求
③ スタートアップ投資において念頭に置くべき、自社の無形資産と先方の無形資産の相互活用の可能性追求の具体的事例の紹介
(3) 視聴者の皆様からのご質問に基づくQ&A

2020年04月29日 08:00

Rebright Partners Pte Ltd、AsiaWise法律事務所、株式会社テックコンシリエの3社共催による「アジア・オープンイノベーション、Covidの影響と今後の展望」に弊社CEOの鈴木健二郎が登壇します

アジアイノベーション、Covidの影響と今後の展望
Covid-19やそれにともなうアジア各都市のロックダウン等の影響により、近年盛り上がりを見せていたアジアにおけスタートアップとのオープンイノベーション活動に大きな影響が出ています。

Covid-19によって常識がリセットされた世界を見据え、アジアスタートアップにおける現状やアジアクロスボーダーのオープンイノベーションの世界において今何が起きているのか、そして今後はどうなっていくのか、リブライトパートナーズ代表パートナー 蛯原氏、AsiaWise法律事務所 代表弁護士(兼テックコンシリエ非常勤顧問) 久保氏とともに、弊社代表取締役CEOの鈴木健二郎がウェビナーならびにオンラインパネルディスカッションを開催します。


◇日時:2020年4月23日(木)10:00 am~11:30am(日本時間)
◇所要時間:90分程度
◇オンラインセミナー概要

10:00~10:50 
・セッション1
『インド及びASEANスタートアップにおける現状について』
 講演者:リブライトパートナーズ 蛯原氏
・セッション2
『コロナで常識がリセットされた世界におけるイノベーション戦略とは』
 講演者:Asiawise 久保氏、テックコンシリエ 鈴木

10:50~11:20
・セッション3:パネルディスカッション
『アジアオープンイノベーションの現状とこれから』

11:20~11:30
・Q&Aセッション

申込みはこちら
2020年04月21日 08:23

(株)ユーザベース主催の知財×経営Bar「知財は、企業進化の重要なピースになれるのか」に、弊社CEOの鈴木健二郎が登壇します。

SPEEDA

経済情報プラットフォームSPEEDAを運営する株式会社ユーザベース主催の知財×経営Bar「知財は、企業進化の重要なピースになれるのか」に、弊社代表取締役兼CEOの鈴木健二郎がモデレーターとして登壇します。

2019年に知財マーケットで大きなトレンドをうみ、経営からも注目度が高まったIPランドスケープ(IPL;知財情報を経営に資すること)。一部で経営企画と知財部が組織融合する会社も増え、ともに経営・事業戦略を描くパートナーとして、知財部の存在感が高まり始めました。2020年はこれを明確な成果につなげ、如何に本質的な組織定着までを図れるか?その真価が問われます。

SPEEDAは「経営と知財」両面のグローバル経済情報を俯瞰的・構造的に組み合わせ、新たな着眼点や分析起点を提供する情報プラットフォームです。技術と経営が組織融合し、競争優位性や生産性が向上する事業進化に貢献していきます。
 

本セミナーでは、技術に明るい経営経験者として竹林様、経営に寄与する知財部として比嘉様という2名のゲストをお招きし、知財×経営のコンサルティングに多彩なご経験をもつモデレーター鈴木様の進行のもと、深く切り込んだ、かつ、お酒を飲みながらのざっくばらんな、会場参加型ディスカッションをお届けいたします。
 

真価の問われるIPLを本質的な市場として進化・活性化するために、新たなチャレンジやアクションを決めるキッカケとして、具体的な"気づき"をご提供できましたら幸いです。

参考HP:
知財は、企業進化の重要なピースになれるのか

2020年02月04日 13:30

技術情報協会主催セミナー「後発で勝つための知財戦略の策定と実装~骨太で持続性のあるIPランドスケープを目指して~」に弊社CEOの鈴木健二郎が登壇します

技術情報協会
来る3月6日(金)に、株式会社技術情報協会主催のセミナー「後発で勝つための知財戦略の策定と実装~骨太で持続性のあるIPランドスケープを目指して~」に、弊社代表取締役社長CEOの鈴木健二郎が登壇します。

当日の講演は、スクール形式の講義ではなく、出席者参加型の勉強会に近い進行とする予定です。”IPランドスケープ”という定義の定まらない名称に翻弄されるのではなく、競争/共創環境の分析において知財でやれることを正直に、そして謙虚に議論しながら、具体的かつ実践的な知財マネジメントのあり方を提案し合える場にしたいと考えております。ご興味のある方、ぜひ奮ってご参加ください。
 

【講演のポイント】
米国GAFA、中国BATHなどのIT/ハイテク系企業がリードするデジタル革命により、日本企業の競争力が失われつつあると言われています。一方で、今後IoT化が進むモビリティやヘルスケアなどの産業領域では、モノの機能・性能面の高品質性、顧客ファーストのきめ細かなメンテナンス力に強みを持つ日本企業の技術に対する世界からの期待は依然高いといえるでしょう。

本講演では、IoT時代の本格的な到来に備え、知財マネジメントを通じて技術開発を市場価値に繋げる活動と、市場ニーズを未来の技術開発にフィードバックする活動の両輪を並走させ、後発でも世界で勝ち残っていくための骨太で持続性のあるIPランドスケープを実践する方法について、参加者の皆さまとともに議論します。

【講演題目】
 ①IoT時代に求められる技術開発のあり方とは
 ②知財マネジメントを駆使した「技術」と「市場」をつなぐ活動
 ③骨太な知財マネジメントでビジネスを創造・強化した例
 ④日本企業だからこそ実践できる戦略策定と実装方法論
 ⑤現場で生じがちな課題とその背景
 ⑥課題を克服し、息の長い活動として根付かせるために

【質疑応答・個別質問・名刺交換】

参考HP:

https://www.gijutu.co.jp/doc/s_003507.htm

2020年01月05日 19:30

日本知的財産協会主催研修会「オープンイノベーションを支える知財マネジメント」に、弊社CEOの鈴木健二郎が登壇します

JIPA
日本知的財産協会の臨時研修会「オープンイノベーションを支える知財マネジメント」に、弊社代表取締役CEO鈴木健二郎が登壇します。

この研修は、オープンイノベーション(OI)が求められている背景や昨今のトレンドを総括し、その中で何をマネジメントすべきか、知財がどのように関わってくるのか、その可能性と重要性について考えるきっかけを与えることを目的とします。

研修前半では、知財マネジメントに関する多数の実績を持つ鈴木が、クライアントへのサポート経験を交え、OI において知財によって陥りがちな罠を指摘し、知財マネジメントを通じて効果的にイノベーションを促す鍵を、実例を交えて解説いたします。

研修後半のパネルディスカッションでは、企業側のOI担当者、知財担当者、及びベンチャーそれぞれの⽴場の⽅にパネラーとして登壇いただきます。まず企業内の課題として、(1)OI 担当部門は知財部門に何を期待しているのか、逆に知財部門はIPランドスケープの取組みを含めてどのように貢献するのか、更に知財部門がOI 担当部門の活動に関わる際に⽣じやすい課題としてどのようなものがあるか等を取り上げて意⾒交換し、次にベンチャーの⽴場から、(2)企業がベンチャーと連携する際に⽣じやすい知財面の課題を取り上げて、GAFAとの協業ご経験も紹介いただきながら、企業に対する期待等を含めて意⾒交換します。
 
  講義内容 講師
13:30〜14:30 ・オープンイノベーション(OI)における知財マネジメントの要諦、知財の課題
・知財マネジメントを通じたOI
株式会社テック・コンシリエ
鈴⽊健⼆郎氏
14:40〜16:00 パネルディスカッション
・自己紹介(各所属企業でのOIへの取組み)
・OIにおける知財部門の関わり
・企業内で⽣じやすい課題
・企業とベンチャーとで⽣じやすい知財面の課題
【モデレータ】
鈴⽊健⼆郎氏
【パネラー】
・富士フイルム株式会社
後藤田祐己太氏
・株式会社トクヤマ
佐藤美樹代氏
・澪標アナリティクス株式会社
井原渉氏
16:00〜16:30 意見交換会 同上

参考HP:
日本知的財産協会 研修会
2019年12月04日 14:00

レクシスネクシス・ジャパンが主催する知財セミナー「経営者・管理職のための知財情報を活かした戦略立案の要諦」に、弊社CEO鈴木健二郎が登壇します

LN
レクシスネクシス・ジャパン株式会社が主催する知財セミナー「経営者・管理職のための知財情報を活かした戦略立案の要諦」に、弊社CEO鈴木健二郎が「IPランドスケープを活用した戦略立案から実行へ」と題して講演します。


産業構造が高速に変化し、正解となる道しるべのない時代において、経営戦略の立案がますます至難の業となる中、知財情報を活用した分析が有効に機能しうるとして知られつつある「IPランドスケープ」。

本セミナーでは、技術資産マネジメントの専門企業である弊社のCEOが、浸透しつつある「IPランドスケープ」の概念をさらに発展させ、立案から実行に向けた企業活動のあり方を提唱します。

【講演者からのメッセージ】
IPランドスケープの方法論であれば、書籍や雑誌の記事も複数リリースされ、すでにいろいろな方が講演しており、中には「実行しつつある」という企業も登場しておりますので、本講演では、テック・コンシリエらしく、経営者や管理職への行動変革への願いを込めて、IPランドスケープをどう企業の成長に繋げていくか、という視点から新しい提言を示していきたいと考えております。

 ① IPランドスケープの背景とその意義
 ② IPランドスケープの実装による戦略立案から実行
 ③ 戦略実行によって生み出される持続的な成長とは
 ④ IPランドスケープによる活動を支える組織改革
 ⑤ Q&Aセッション

参考HP:
http://www.lexis-seminar.jp/20191009_ip/

2019年09月13日 12:16

知的財産教育協会主催「知財アナリスト大集合2019夏」に、弊社CEO鈴木健二郎が登壇します

知財教育協会
知的財産教育協会が知的財産アナリスト養成/認定講座の受講者を対象に開催する「知財アナリスト大集合2019夏」にて、弊社CEO鈴木健二郎が『持続的イノベーションを生み出すための骨太な知的資産マネジメント』と題して基調講演を行います。

我が国では「イノベーションのジレンマ」が解消できないまま苦戦している企業が多数ある中、既存の強みと新規のビジネス領域を繋げる「知的資産マネジメント」が、ジレンマを解消する解の一つとなりうるのではないか、という仮説を提示したいと考えています。

同日には、ブース別企画にて「『社外コンサルタントとして企業の知財を活かす』という生き方」と題して、日本の産業競争力を高めるために本気でクライアントを変革させることができる社外コンサルを目指す意思のある方とともに、以下の3つの問いについて、ひざ詰めで意見交換をします。

産業構造が高速に変化し、正解となる道しるべのない時代に常にクライアントバリューを出し続けるために、
 ①クライアントの課題を掘り起こすために求められることとは?
 ②クライアントの行動を変革させるために求められることとは?
 ③クライアントとの信頼関係を獲得するために求められることとは?

参考HP:
イベント 『知財アナリスト大集合2019夏!』[2019年8月31日(土)開催]
2019年08月10日 13:00

「技術資産の力で企業競争力を高めるセミナー」を開催します

この度、弊社設立のご挨拶とともに「技術資産の力で企業競争力を高めるセミナー」を、下記の通り開催することになりましたので、ご案内申し上げます。

このセミナーでは、本格的に到来しつつあるIoT時代に対応して、社内に蓄積した技術資産を稼ぐ力へと着実に繋いでいくために、企業が備えるべき知識と具体的な方策について、人気小説・ドラマ『下町ロケット』の神谷弁護士のモデルとして知られる弁護士法人内田・鮫島法律事務所の鮫島 正洋氏による講演を予定しております。

多くの企業の皆様のお役に立てる内容となっておりますので、ご多忙中恐縮でございますが、ご臨席賜れば幸甚でございます。
 
開催概要
【日時】
2019年5月20日(月)
セミナー 午後5:30~午後7:30
懇親会  午後8:00~午後9:30

【会場】
東京都中央区日本橋小舟町4-1 伊場仙ビル7階
アクセス「新日本橋駅」出口5・「三越前駅」出口A4より徒歩5分

【参加費】
セミナー:無料
懇親会(希望者のみ):お一人様 5,000円 ※当日、受付にて申し受けます。

【定員】
50名(1社あたり2名まで)

【対象】
企業の研究開発部門、知的財産部門、事業開発部門、経営企画部門に所属するビジネスパーソン全般

【内容】
1.今、なぜ技術資産マネジメントなのか
  ~弊社のご紹介とご挨拶に代えて~

    株式会社テック・コンシリエ
    代表取締役社長CEO 鈴木 健二郎
2.オープンイノベーションのススメ
  ~中小企業・スタートアップとの連携で競争力を磨く~

    弁護士法人内田・鮫島法律事務所
    代表パートナー弁護士・弁理士 鮫島 正洋氏
3.双方向型の質疑応答(講演者とご参加者との対話形式)
4.自由意見交換会

なお、セミナー終了後の午後8:00から、セミナー会場近郊のレストランにて懇親会を予定しております。参加者間で意見交換ができる良い機会ですので、ぜひ奮ってご参加ください。

【お申込み方法】
弊社ホームページ「お問い合わせ」(https://tech-consiglie.com/contact.html)の各欄に以下の内容を記載のうえ、送信してください。

貴社名:ご所属の会社名を記載ください
お名前:参加者のうち代表者の方の氏名を記載ください
メールアドレス:参加者のうち代表者の方のメールアドレスを記載ください
お電話番号:連絡先電話番号を記載ください(任意)
ご住所:連絡先住所を記載ください(任意)
お問い合わせ内容:以下の内容を記載ください
 ・「5月20日セミナーの参加希望」と記載
 ・参加者人数(2名の場合は、代表者以外の方の氏名)
 ・ご所属部署
 ・懇親会参加有無
 ・事前のご質問等(任意)

【お申込み期限】
2019年5月16日(木)

【受付け完了のお知らせ】
お申込みの受付けが完了しましたら、弊社から改めてご案内のメールを差し上げます。なお、お申込み状況によっては、ご参加いただけない場合もございます。何とぞ、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
2019年04月15日 22:00

株式会社テックコンシリエ

TEL:050-5434-4614

〒101-0044
東京都千代田区鍛冶町1-10-6
BIZSMART神田

営業時間 9:00~18:00
定休日 土・日・祝日

会社概要はこちら

モバイルサイト

TECH CONSIGLIE Inc.スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら